読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無軌道な日記

日々感じたことを隠さず書いてます

鬱になるきっかけ【重めの記事】

私は鬱病に軽くかかっていた時期があったな

Twitterで思い出してしまったので書いてみる

結構前から兆候?はあったけどやっぱきっかけは
某「〇〇UTA〇A」に勤めていたときに出会ったリーダーだった。そいつは同じ歳ながら立派(?)にリーダーをしていた。

ただ引っかかったのは 俺様 だと言う事。
それ以外はあまり問題なくて仕事を無難にこなせる人みたいな感じだった。
まず新人の頃は意味もなく毎日怒られて(ミスもたまにしたと思う)客の目をみれなくなったのは凄くぼんやりとだけど覚えてます。

ずっと怒られたことにより、怒り=物凄く怖い事 と紐付けされてしまったようで…
今でも、「押さえ付けるように怒られる」「怒った雰囲気」「怒りを向けられる」「強い物言い」「ヒステリーな声(高い音)」「大きい音」に遭遇すると、手が震えて死んだ方がましだ と思えてしまうようになった。普通の生活はおくれてるくらい軽いものではあるけど、そういう症状はたまにでる(そういうシーンに遭遇したときだけ)

相手だけが全部悪いとは言わない。

ただそうなるまで心が防衛手段(客の目を見れなくなる等)を取らざるを得ないほどの負荷をかけていたことは分かってもらいたかった。
だからもう1人の同じ仲の良い人と一緒に店長に報告した。数日後に呼び出されたのを偶然見て、こっそり店長室?の近くまで行ったのを覚えてる
その後聞こえてきた声が 「俺じゃねぇよ」という言葉だった。これはハッキリ覚えてる
(そういえばこの人のおかげで おつむ という言葉をしったんだっけな(笑)あの言葉は嫌味だったんだな って今頃実感してる)

あの言葉が聞こえた瞬間に殺意が沸いたな。


その後は仕事で毎日していた事が出来なくなり
ミスによって自分で自分を追い込んでいったし
職場に居場所がどんどんなくなっていった。

相談しようと
そこに務めていて私と認識があった 姉の友達 に 遊びに誘う が毎回断られ(多分わたしは相談したかったのだろう)

ほかの偉い人に言っても「彼なりの考えがあるのだろう」という回答で親身には聞いてくれなくなった

家族には言えなかったし理解がなかった。

もう逃げ道がなくなり無断欠勤し
正式にやめ
11ヵ月のひきこもり生活が始まるのでした。
ひきこもりというかネトゲ廃人だな( ˘ω˘ )


(。-`ω´-)ンー こんな感じでいいかな。

教訓!
見て見ぬふりや無関心は良いことを起こさない

余裕がある方でアクションを起こせる方は
身の回りでそういう人がいたら声をかけて、自分のできる範囲でいいから気にかけてほしい。

私の場合は軽いしマシだったのかもだけど
下手したら家族を悲しませるような事をしたかもしれないな…